身体を守るタンパク質|脂肪肝を徹底排除|健康体への近道になる!
夫婦

脂肪肝を徹底排除|健康体への近道になる!

身体を守るタンパク質

お腹

人間の身体を守るうえで、大変重要な役割を果たしている栄養素があります。ラクトフェリンです。この栄養素は、血液や唾液、涙、そして母乳などに含まれている、感染症から身体を守る働きをするタンパク質です。多機能タンパク質と呼ばれることもあります。人間にとって身近で、しかも最も多くのラクトフェリンを含んでいるのは、初乳と言われる出産後数日間に分泌される母乳です。このことは、乳児にとって、このタンパク質がいかに大切な栄養素であるかを教えてくれます。もちろん、人間の身体には、母乳以外にもこのタンパク質を含んでいるものが存在します。白血球の1種好中球や、先に挙げた涙、唾液、さらに鼻水、粘膜液などです。これらの存在によって、外からのウイルスや細菌から、身体を防御しているものと考えられます。人間の母乳以外でも、殺菌される以前の牛乳にもこの栄養素は存在しています。この殺菌されていない牛乳の呼び名は生乳です。ちなみに、生乳に含まれているラクトフェリンは、母乳の約10分の1程と言われています。

ラクトフェリンは、デンマークの科学者が、1939年に発見して以来、世界各国で研究されてきました。その結果として現在わかっていることは、ラクトフェリンの顕著な働きは、身体を防衛している役割を果たしている、ということです。その他にも、腸内のビフィズス菌を増加させる、貧血に効果がある、脂質の代謝を改善させる働きがある、抗炎症効果がある、などの作用を持っていることが判明しています。ラクトフェリンについて覚えておきたいのは、熱に弱いという欠点があることです。また、生乳から作られたヨーグルトなどにも、ラクトフェリンは含まれているのですが、胃酸で分解されやすく、その多くが腸までは届かないとの指摘もあります。このため、ラクトフェリンをしっかり摂るためには、サプリメントなど、腸まで到達するように製造された製品から摂取することがおすすめです。